印象を変える二重整形|笑顔が明るく見える

施術には二つの方法がある

顔に触れる女性

病院選びも考える

現在、美容外科などで二重瞼にする二重整形施術の方法に埋没法と切開法の二種類があります。プチ整形とも言われ簡単な二重整形が埋没法で、瞼の中に糸を埋め込み二重のラインを作り出すものです。費用も比較的安く済むことから、若い女性に人気の整形方法となっています。この方法は術後の腫れが少ないことが特徴ですが、元の一重に戻ることになる場合も多くあるものです。瞼に糸を埋め込む留めることで二重を作りだしているため、長い時間が経つことで留めている糸が緩むことがあります。そのために、一重に戻ってしまうと言ったアクシデントが発生するのです。一重に戻った時が保証期間ないであれば再度の施術も可能ですが、期間外になると実費負担となってしまいます。この埋没法に対し二重が一重に戻る心配のない施術方法が、切開法になります。二重になるラインに対し切開をすることで、二重瞼を作りだすものです。切開をすると言うことで、一重瞼の厚い人に適した施術とも言われます。そのため施術を受ける前にキチンとしたカウンセリングを持つことが大事です。二重整形後は、ダウンタイムと言われる静養期間を持つことになります。二重整形後には瞼周辺に大きな腫れが生じることがあり、術後から回復するまでの時間を取る必要が出て来ます。このダウンタイムは、施術の方法で大きく変わって来ることになります。瞼を切り取ることのない埋没法ではダウンタイムの時間が短くて済み、長期の休暇などを取る必要はありません。一般的には、2日程度から7日程度で収まると言われます。そのため仕事が忙しく、長く休暇の取れない人にむいた施術となっているのです。これに対し切開法では、ダウンタイムが長くなってしまいます。その理由には切開する個所が数センチに及ぶことが多く、回復までに時間がかかってしまうのです。ダウンタイムの時間は人によって違いが出て来ますが、短い人で一週間程度、長い人では一ヵ月ほどかかる例も出て来ています。なかなか腫れが収まらない人もいると知っておきましょう。ですが生活の中で工夫することで回復が早くなる場合も出て来ます。激しい運動は避ける、お風呂に入ることなくシャワーで我慢をする、飲酒は極力避けることが回復を早める条件になります。また煙草を吸わないことも、良い方法です。

Copyright© 2019 印象を変える二重整形|笑顔が明るく見える All Rights Reserved.